デジタル教材

RISUの評判は?料金や口コミ!サービスを徹底解説!

投稿日:

デジタル教材の"RISU"をお子さんに受講させる方が増えています。

この記事を読んでいる方も、今まさに検討されていっらしゃる方がほとんどでは無いでしょうか。

でも「先生のいない教材学習で、本当にうちの子は続けられるかな?」「本当に算数の成績が上がるのかな?」という効果の部分は気になりますよね。

そこで、この記事ではRISUの料金や実際に受講している人の口コミなどを調査し、まとめました。

RISUを導入するかどうか迷われている方は是非参考にしてみてくださいね。

RISUとは?

まずは、RISUがどんなサービスなのかを説明していきましょう。

対象学年

"RISUきっず"が幼稚園の年中後半~年長さん対象。

小学1年生の前半部分を先取りして学べます。

まだ文字が読めない子もいるので、音声の読み上げ機能が付いています。

小学校に上がってからの"RISU算数"が

  • 小学1年~3年までの低学年コース
  • 小学4年~6年までの高学年コース
  • 中学受験の基礎に対応した受験基礎コース

に分かれています。

中学生や高校生には対応していません。

要するに年中さんから小学6年生までのサービスです。

教科

教科は算数のみです。

完全に算数専門特化教材。

特に算数が苦手で、算数の苦手意識を克服したいという子や、算数が得意なので学年の縛り関係なく、もっと算数を学びたいという子にオススメです。

国語・社会・理科といった教科の成績も同様に上げたいという子は別の教材も並行して検討した方がいいですね。

学習方法

94ステージに分かれた各ステージで、小問題を次々と解いていきます。

「正解するとステージをクリアする」という形式で学習を進めていきます。

公文式やそろばん塾に通ってもそうであるように、算数というのは反復やリズミカルに問題数を沢山解くことで、計算力がついてきますよね。

小問題をテンポよくクリアしていくことで、「気が付いたら算数の力が上がっている」という状態をつくることができるのです。

サポート体制

学習の進捗や内容は全てRISU本部に送られ、学習進捗やつまずいた箇所に基づいて、先生からメールや動画でフォローしてもらえます。

先生は東京大学や早稲田大学の学生。

つまずいている部分にピンポイントの動画を配信して、集中的に苦手克服をしてくれます。

 

用意するもの

インターネット回線以外には特に用意すべきものはありません。

受講にはタブレットが必要ですが、このタブレット端末も無償で提供されたものを使用することができるようになっています。

申し込み契約が完了したら、RISU側から専用のタブレット及び付属品一式

  • タブレット
  • タブレットカバー
  • タッチペン
  • ACアダプター
  • micro USBケーブル
  • 取扱説明書

が送られてきます。

このタブレットは解約しても違約金や端末代等、支払いが発生する事はありません。

学習管理の方法

学習の進捗はマイページで確認することが可能です。

また、学習の進捗状況に基づいて、RISU本部から保護者宛てに「フォローアップメール」が送られます。

そのメールでも学習状況を知ることが可能です。

子どもと勉強を「やった」「やってない」という会話をすることなく、進捗がいつでもわかるようになります。

親がついて見てあげる部分は?

基本的には親がついて見てあげなくても、自分一人で学習が進められるようにできています。

小問題を1~2問解けば、慣れて自分で進められるようになるでしょう。

ただし、初めはガイダンスに従ってゆっくりと進めていく必要があるので、子どもが焦ってガイドを飛ばさないように一緒に見てあげてください。

また、子どもがわからなくてつまづいているときや、フォローメールの内容で気になることがあった時などは支えてあげましょう。

これはお子様の個性にもよる部分なので断言できないものがあると思います。

後に紹介する口コミでもありましたが、一緒になってやってあげないとわからない、気持ちが続かないタイプのお子様であれば、ある程度保護者のサポートありきになる可能性はあります。

褒めることも忘れないでくださいね。

 

RISUを始めるにあたって用意する環境

RISUを始めるにあたって必要な環境は、インターネット回線のみです。

現在、パソコンに有線で繋いでインターネットに接続しているという人は、Wi-Fiで接続できるように無線Wi-Fiルーターを購入してネット環境を整えましょう。

Wi-Fiルーターは4,000円くらいから手に入ります。

ちなみに外出先でも、タブレットさえもっていれば、

  • ポケットWi-Fi
  • モバイルルーター(携帯型無線LAN機器)
  • テザリング機能のあるスマートフォン
  • 公衆無線LAN

などを使用してRISUを受講することも可能です。

RISUの料金は?

RISUの料金は大きく分けて、以下の2つの料金で構成されています。

・基本料

・利用料

ここではRISUの2つの料金について、どういうものなのかを説明していきましょう。

基本料

RISUの基本料金は月額2,480円ですが、契約時に一括で12か月分の29,760円を支払う必要があります。

そのため、契約前には必ず3万円程度のまとまったお金を準備しておくようにしてください。

利用料

RISUの利用料は子どもがどれくらい勉強を進めたかで変動します。

RISUを始めてからクリアした累計のステージ数を利用月数で割った「月平均クリアステージ数」が、1.0ステージ以上の場合に利用料が発生するのです。

合計で94ステージの各ステージごとに達成テストがあり、60点以上で当該ステージのクリアとなります。

月平均クリアステージ数と追加利用料

クリアしたステージ 追加料金
1.0未満 0円
1.0以上~1.3未満 980円
1.3以上~1.5未満 1,480円
1.5以上~1.7未満 1,980円
1.7以上~2.0未満 2,980円
2.0以上~2.2未満 3,980円
2.2以上~2.5未満 5,480円
2.5以上~3.0未満 6,980円
3.0以上 8,980円

契約開始初月のみ、学習ペースが変動しやすいことを考慮して上限が6,000円となっています。

学習が進む事は嬉しいのに、沢山クリアすればする程月々の支払いが高くなってしまうのでちょっと躊躇してしまう点ですよね。

そこで気になるのは、やはりRISUの中身の部分。

RISUの特徴を、良いところ・悪いところにわけて紹介していきます。

RISUの良いところ・悪いところ

RISUの良いところ

自分のペースで算数の学習を進められる

RISUは学年による区切りがなく、小学校で勉強する内容が94ステージに分けられているだけです。

そのため、苦手な部分は学年の敷居を越えて、わからないところまで戻って、苦手を克服することができます。また、算数が得意なら、上の学年向けのステージにどんどん進んでいくことができるのです。

学年の区分けに縛られることなく、自分のレベルに合わせた学習ができるようになります。

タブレット端末が勉強を始めるきっかけになる

RISUはタブレット端末をつかった形式で勉強を進めていくので、ノートや鉛筆といった道具を使う必要がありません。

机に向かってノートや鉛筆を持つこと自体にも抵抗感があるようで、なかなか勉強に集中することができないという子どもに悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。

しかしRISUなら、タブレット端末が届いた瞬間から、子どもの興味・関心を確実に惹くことができます。

勉強に気持ちを向かわせるモチベーションができる点は大きなメリットです。

子どもの学習進捗が明確に把握できる

子どもの学習の進捗はタブレット端末を見ればすぐにわかりますし、マイページでも確認することができます。

また、子どもの学習の状況は親が確認しなくても、RISU本部からフォローアップメールが届くので、そのメールの内容をチェックしておけば学習の進捗を確認できるのです。

学習の進捗がはっきりとわかるというのは、RISUのデジタル教材ならではのメリットだと言えます。

RISUの悪いところ

算数1教科しか勉強できない

RISUは算数1教科しか勉強できないので、国語・理科・社会の学力アップはできません。

総合的な学力アップを目指したい人は、他の教材を探しましょう。

子どもが意欲的に勉強を進めるほど利用料がかかる

RISUの基本料金は一定ですが、利用料は子どもの進捗具合によって変わります。

そのため、子どもがRISUの勉強を楽しんでどんどん進めてしまうと、利用料が跳ね上がってしまう可能性もあるのです。

利用料を一定に抑えたい親は子どもがRISUをやりすぎないように監視する必要が出てきますが、それをやってしまうと、せっかく子どもがどんどん勉強したい気持ちを押さえつけることになってしまいます。

基本料金を1年分一括で支払わなければならない

RISUの基本料金は毎月支払うのではなく、1年間分を一括で支払う必要があります。

しかも、1年の途中で解約しても返金はできない決まりになっているので、事実上の年間契約になっているのです。

すぐ辞めるということにならないように、公式サイトのタブレットの画面や動画フォローの映像などを確認して、子どもが「やりたい」と思うかどうかをよく見てから受講を決めた方が良いでしょう。

また「お試しキャンペーン」が行われているときを狙って、お試しで使ってみて子供に合うかどうかを確認してみることをおすすめします。

RISUと他のデジタル教材との違いは?

RISUが他のデジタル教材と違う点は以下の点です。

子ども一人一人の学習データを分析してレッスンを構成

RISUは子ども一人一人の学習の進捗状況や、苦手な内容の分析などを踏まえた上で、問題を出題したり、解説動画を配信してくれます。

そのため、わからない場所を放置せずに、確実に理解を深めていくことができるでしょう。

2種類の復習スタイルで学習を定着させる

算数の問題は一度解けただけでは、頭の中に定着させることはできません。そこで、RISUは復習するタイミングにも工夫がなされています。

RISUは復習問題を出題する際、以下の問題を優先的に自動出題してくれるのです。

・忘れてしまいがちなタイミングで出題

・過去に間違うことが多かった分野の出題

このように「解けたけど忘れがちな問題」と「以前なかなか解けなかった問題」をミックスして出題してくれるので、子ども一人一人に効果的な復習をさせることができるのです。

24時間365日の相談体制がある

RISUは24時間365日の無料フォロー相談体制を敷いているので、分からない点やつまづいた点があれば、何度でもメールにて相談できます。

相談内容に基づき、適切な解説動画を送るなどして対応してくれるのです。

RISUを実際に利用している人の口コミ!

ここからは実際にRISUを使用している人の口コミを紹介します。

RISU算数、娘と「100をかぞえよう!」の単元をやっているのだが、娘、何度チューター動画を見ても、私がノートに書いたり、お金を数えたり、数字表で説明しても、位や繰り上がりの考え方がピンとこないらしい。当たり前すぎて分からないという感覚がわからない…。自分どうやって身につけたっけ?

https://twitter.com/snowyruff/status/1013307134446977024

RISUでもやはり壁にぶつかることはあるようです。しかし、この親御さんのように子供と一緒にRISUに取り組めば、どこで壁にぶつかっているのか明確にわかるので良いですね。まずはどこがわからないのかがわかることが重要でしょう。

このような時はRISUの本部に問い合わせて、改めてフォローをもらうようにすると良いでしょう。

タブレット学習のRISU算数、使用している感想です。iPadに慣れていると操作性の悪さにイライラする。反応も遅いし鉛筆モードもありますが、使えたものではない。1ページに問題数が少ないにもかかわらず、フォントが小さすぎる。答えを入力するための数字パネルも小さすぎる。子供が時々発狂する。

https://twitter.com/1101tamachan/status/952902087775371264

やはりタブレット学習ならではの操作性の不満もあるようです。この点は今後の改善を期待したいですね。

RISUやってるけど停滞中…。コンセプトはなかなかいい教材だと思うけどねぇ。難しくなってきてヤル気なくしてるっぽい。

https://twitter.com/59Cherry/status/1053288537506775040

レベルに合わせてどんどん学習を進めていっている間は良いのですが、進めているうちにだんだん自分がまだわからない単元に突入していきます。そこからが本当の「勉強」になるわけですが、そこで楽しめるかどうかがポイントですね。

子どもが壁にぶつかっているときは子どもと一緒にRISUをやってみると良いかもしれませんね。

人にやらされることより、自分でやりたいと思ったものの方がうんと成長するし、何より楽しいよね。
学校の宿題はやりたがらないのに、タブレット学習では気づけば割り算まで進んでる。子供も大人も一緒だなぁ。

https://twitter.com/mamama61193225/status/1056883978488016896

自分の意思で主体的にどんどん先へ進むことができるので、楽しくどんどん進める子供も多いようですね。

娘、RISU算数のタブレットを新しく始めてみたんだけど、問題がツボにハマったみたいでツッコミ入れながら問題解いてた。
凄く楽しそう。
大人の学び直しにも良いんじゃないかな
そういう方向のサービス展開とかしてくれないかなと期待してる。

https://twitter.com/317_chiyo/status/1034772546078400513

文章題などの問題が多く収録されているのもポイントです。

バリエーション豊富な問題に楽しみながら解いてくれるといいですよね。

長女(小2)が先月から始めたタブレット学習のRISU

タブレットというだけでテンションが上がるのか、はたまたステージを次々クリアするゲーム感覚が楽しいのか、とにかく驚くほど楽しんで取り組んでいる。学校の授業にも導入してくれないかなぁ!

https://twitter.com/mamama61193225/status/1032610614776979456

「タブレットで勉強する」というスタイルは、教科書、ノート、鉛筆という学校の勉強スタイルとは違い、子どもにとっては楽しんで取り組めるスタイルなのかもしれませんね。

次々にクリアしていく成功体験も、子どもに自信を与えてくれるのではないでしょうか。

RISUの支払い方法は?

RISUの支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

契約開始日(タブレットが発送された3日後)から5日後に1年分に基本使用料を支払います。

その後、毎月の利用料は月末に支払うシステムになっています。

また、月々の支払いの合計金額を設定し、その金額を利用料の変動によって超過した場合は翌月以降の支払いに繰り越すことができる「分割払い」というシステムもあります。

子どもがRISUのステージを一気にクリアし、利用料が一気に上がった時も「分割払い」の設定をしておくと安心です。

8,000円、または10,000円から設定でき、金利や手数料の必要もありません。

RISUの解約方法は?

RISUを解約する場合は、マイページの「お問い合わせフォーム」から解約したい旨を伝えることになります。

契約期間満了の状態で解約する場合は、契約終了日の30日前までに連絡すことが必要なので注意しましょう。契約期間途中の解約は、申し込んだ月末で契約終了となるため、日割りの利用料が戻ってくるようなことはありません。また、1年分一括で支払った基本料が戻ってくることはありません。

そのため、基本的には1年契約だと思って契約した方が良いでしょう。

解約手数料はかかりませんが、あまり気軽に契約ができると言えるシステムではありませんね。

無料体験・資料請求はできる?

RISUの無料体験はキャンペーンとして行われています。

人数限定でクーポンコードを入力する形で体験ができるようになっているのです。

契約すると、基本料金を1年分一括で支払わなければならなくなり、途中解約しても返金されないので、契約する前に必ず試してみましょう。

お試し期間の間に続けられるかどうかを判断してみてください。

https://www.risu-japan.com/campaign.html

https://www.risu-japan.com/lp/risu-trial.html

しかし、契約せずにそのまま返品する場合は無料ではなく、1,980円(税抜)の送料・保険料がかかりますので注意してください。

「1980で無料体験をする。正式契約するなら体験料が無料になる。」という感覚ですね。

資料請求については、公式サイトの情報が全てであり、より詳しい資料請求はできないようです。

まとめ!RISUはおすすめできる?

RISUは算数1教科だけの教材なので、算数を特に伸ばしたいという人や、算数が特に苦手という人にはおすすめできます。

実際に楽しく勉強できるようになったという喜びの声も多く、学力を伸ばしてくれたり、算数が好きになるきっかけを与えてくれるような教材であることは間違いないでしょう。

ただ、ネックがあるとするなら1年分の基本料を一括で払わなければならない料金システムです。

途中解約をしても基本料は戻ってこないので、途中解約をしなくても済むように契約は慎重にならなくてはなりません。

本当に子どもに合うかどうかは実際に教材に触れてみないとわかりませんので、1,980円かけて返品することになったとしても、まずは体験してみることをおすすめします。

-デジタル教材

Copyright© 「勉強の仕方がわからない!」を十人十色の方法で解決に導くサイト|ワカラン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.